ランキング

  • 人気blogランキング
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アクセサリ




最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年12月 »

学校説明会 その2

まだまだ幼稚園関係で忙しかった週末にC校の説明会に行きました

C校

C校は男子校です
ここはこの秋、文化祭にも行ってみました

りゅうの印象は良かったそうです

私の印象は・・・・・まぁりゅうが良ければそれで良いんで、私の印象はね
りゅうには特に話してはいないんだけど

文化祭にお邪魔した第一印象は「暗い・・・・・」

郊外の男子校だし、そんなもんだろう
都内の共学(りんの学校)の文化祭とは違うよなぁ~と思ってました

説明会は盛況で、会場満杯

各教科の先生方のお話は、とてもわかりやすく興味深くお聞きすることができました
話の中から先生方の個性とかお人柄が良く出ていて好感をもつことができて
男の先生ばかりでしたが、男子校の良い雰囲気を感じましたね

ただ、校長先生がぁ・・・・・・
なんだか俗っぽいっていうか
お話の内容も特に印象に残ったものもなく・・・・・・・
う~ん
そこだけが引っかかりました

環境的には郊外ということもあってグランドなどの設備も整っているし
通学時間も短いし、大学の付属校ではないのでしっかりと大学受験に向けて
カリキュラムを組んでいるので安心してお任せできそうです

11月のセンター試験ではR4にあと一歩ってところです

学校説明会 その1

11月に入って願書の配布が始まりましたね

私はとにかく幼稚園のバザーが終わってからなんて思っていましたが
小6ママ達の情報を聞いているうちに、ちょっとあせって・・・・・・
願書だけ配布のところには、出向いていただいてきたり

学校説明会も行ってみたり

時期は少し前になりますが、学校説明会に参加した順番に感想を

A校

一度、大きなホールで行われた説明会に私だけ参加しました
とても魅力ある学校で、ぜひお世話になりたいと思った学校でした

その後、学校公開日に合わせて説明会がありました
この日はりゅう本人とかずと3人で参加

駅から歩いてみて、通学のシュミレーションもしてみたりして
通学時間、短くてとても良いです

中学ができてまだ数年で、中学の校舎はその時に新築されたもので
とても明るく開放的で、のびのびと生活できる環境が用意されています

説明の中で、高校に進んでからのこと
A校では高校2年になっても「理系」「文系」に分けていません
そこのところを理解して中学を受験してくださいということでした

センター模試でのA校の合否判定ですが・・・・・・
「努力・・・・・・」だそうです
偏差値でいうとR4まで、あと「5」足りてません

もう少し頑張らなくちゃですね

B校

一番最初に本番を迎える予定の学校
センター試験での合否判定では合格判定をもらえてます

通学時間も短くて最高
クラブ活動がとても活発ですが、勉強もしっかり指導してくれるようです
お友達のお子さんが中学3年生に在籍していて、校内の生の声を聞いても
とても良い学校のようです

先生のお話の中で、ここ数年で難度がどんどん上がっているとのこと
確かにりんの時(4年前)からみていると、年々偏差値が上がっているのは実感していましたので、納得できるお話でした。

近隣の学校との併願の組み方にも変化があったり
B校を入学辞退した子の入学先が数年前と逆転していたりするそうです

りんの時は、おさえの学校として受験しても入学の意思はなかったんですが
りゅうにとっては十分、入学をお願いしたい学校になっています

その2に続きます

幼稚園バザー

幼稚園のバザーが無事に終わりました

悪かった天気予報が、当日が近づくにつれて晴れになっていって
当日は数日前とは大違いのポカポカで最高のバザー日和となり
なんて心がけが良いのかしらぁ~って役員同士で話してました

今年は新型インフルエンザの流行で、例年と比べるとこじんまりとしたものでしたが
大きなトラブルもなく、最後は役員みんな笑顔で終わることができました

子供たちが楽しめるゲームが3種類
「お魚釣りゲーム」 「サイコロゲーム」 「わなげ」
みんなお母さんたちの手作りです

「キャンディレイ」 も手作りで330本作りました

私にとっては、最初で最後の幼稚園での役員さん
このバザーで大きな大きな仕事が終わりました

あと4か月の幼稚園生活は少し、ゆっくりすごせるかな

予防接種

季節性インフルエンザの予防接種を打ちました

やっとです
やっと見つけたんですよ~

実は我が家、今までインフルエンザの予防接種はりんの受験の年にしかしてなくて
本来ならば打たない方針なんですが、りゅうの受験対策で打つことにしたんです

ママ友との話で、「いつ打つ?」とか「季節性と新型どっちが先かね?」なんて話題が出ていて
普段、関心のない私も話に乗って聞いてました
それで、「今年は季節性も生産が少ないから早めのがいいかもね~」ってことで
予約なしで接種してくれるでとりあえずりゅうかかと私だけやってもらったんですが
その時点で、今日明日でワクチンがなくなるって言うんです

子供って2回接種じゃないですか
それから2回目を打ってくれるを探しました

20件ぐらい電話して見つけたのが、まだ開院して間もないです

その、電話の対応もとても良くて、ホッと一安心でした

その上受付時間が6時までということなのでりんも帰ってこられる時間
りんはあきらめていたのが打てることになりました

で~無事に子供3人、接種完了です

良かったですよ~

予防接種したからってインフルエンザにかからないわけじゃないけど
親として、できるだけの対策はしてあげたいからね

そうそう、そこのかかの新型インフルエンザワクチンの予約してくれました

かかりつけの小児科でも、「まだ詳細がわからないから」と予約さえもできない状況なのに
「ワクチンが入荷して、接種の順位がきたら連絡します」ということです

かかの接種が終わったら次はりゅうの予約ができるかなぁ~と思ったりして

いや~いいを見つけちゃいましたよ

余談ですが、数日後に1回目を接種したのHPを見たら
「当院で1回目の接種をした小児の2回目は接種いたします」になってました
も、方針を決めるのが大変なんでしょうね~

インフルエンザワクチン大騒動です

インフルエンザめ~

新型インフルエンザがすごいことになってますよね

子供たちのまわりも流行ってるんですが、我が家は誰もかかっていません

りんの学校は早々と9月中旬に学級閉鎖だの学年閉鎖だのがあって、今は終息しているようです。

りゅうの学校は10月中旬にりゅうたちが修学旅行から帰ってきて、間髪いれずに大流行
1週間の学年閉鎖
6年生の8割以上が感染したというのに、りゅうは発症せず
これだけ広がったのにやってないというのは、なんだか乗り遅れちゃった感があったりして
どうせなら受験の時期が来る前に、みんなと一緒にやっとけば・・・・・・
でも、みんなが軽く済むわけじゃなもんね
かからないならかからない方が良いのかな

そして、今まで平和に過ごしてきた幼稚園にもやってきて
かかのクラスも学級閉鎖になりその翌週には、年中さんでも・・・・・・

かかと言えば、バザーの日が近づいています
そんな時に流行がきちゃって

役員として、9月から着々と準備をしてきたのに~

みんなで相談して、感染の拡大を防ぐためにバザーを縮小して開催することになりました
バザーをやる方の立場は初体験の私としては、準備が大変ながらも楽しみにしてたので、かなり残念です

振替休日~

今日は土曜日にあった土曜参観の振替で小学校がお休みで、りゅうの友達二人が遊びに来ています

ほんとはね
この時期に遊んでる場合かぁと思うんですけどね
電車に乗ってまで遊びに来たいと言ってくれる友達がいるってことは幸せなことだし

いまどきの小学生って忙しいじゃないですか
週末は塾に行っている子・サッカーや野球の少年団で活動してる子
なかなか予定が合わないんですよね~

そんな子たちにとって振替休日は、落とせない日なんです

土曜日、学校に行ったときにりゅうの友達はるくん(保育園の1歳の時からのお友達)は直接私に「遊びたい」と訴えてきて
思わず「どうぞ」って

受験・受験と言いながらも小学生らしい生活をおくらせたい中途半端な母ですから
遊ばせちゃいます

りゅうの中学への方向性

いやいや・・・・・・
とうとうりゅう6年生の秋となりました

思い返せは2年生の2月からNの予科に通い始めて3年9カ月
なんど「やめる?続ける?」を繰り返したことか

最後に「やめる?」の話が出たのは6年生の5月
その時は私の調子も良くなかったこともあり、かずりゅうと男同士で話をして
「最後までやる!」という決断をしました

それからも~エンジンがかかった感じでもなかったんですね
フツーに勉強はしてるんですよ
ほんとフツーに・・・・・・

偏差値も上がりもしなければ下がりもしない
本当にその数字がりゅうの実力なんでしょう

スイッチが入っていない本人に、いくら親がギャーギャー言ったってしょうがないと
思っている私としては、見守るスタンスで過ごしました





10月の初めごろかなぁ
私もそろそろりゅうの受験に本腰を入れないとと、学校のHPをいろいろ見ていました

それでだんだん安全校・安全校・・・・・・ってなっていって
今まで、まったく視野に入ってない学校までチェックしてる母になってるんです

でね、ふっと思ったんですよ
自分たちの考えている中学受験を

そしたら、どこでもいいから中高一貫の中学に入れようと思っていたわけじゃない
という基本的なことを忘れてるじゃないですか

何度となくかずと私でりゅうの受験の話をしました。
で、6年生になってからも、なんていうか『緊張感』とか『危機感』とか全然なくて
これってやっぱり自分で感じていくものだし、りゅうはやっぱりまだまだ幼くて
中学受験ではなく高校受験でスイッチオンなんだろうね
りゅうには高校受験という道も残しながらの中学受験だね~って

そんな思いを持ちながら中学受験は最後までやり遂げさせようということは決めていました

結果によっては地元公立中学への進学も十分考えられる受験です
というより地元公立中学のほうが可能性高そう・・・・・・





りゅうにもきちんと話をしました

どんな状況でもどこかの私立中学に進学できると思っていて
受験が終わった途端に、「地元中学に」って言われても理解できませんもんね

りゅうりゅうなりに理解したようです

数ヶ月前は中学受験をして、その上に高校受験もするなんてとんでもないと思っていたようですが
自分の残した中学受験の結果によっては、高校受験もありと受け止めています

中学への方向性が決まれば、あとはりゅうが勉強するのみ

この時、受験まで3カ月・・・・・・です

秋ですね

体調不良の記事から半年以上放置してしまいました

この半年の間、心と体のバランスが崩れてしまってつらい時期もありましたが
なんとか良い感じに回復しています

私みたいな人は壊れることはないんだろうと思って生きていましたが
そんなことはなく、誰もがそんな可能性を持っているんだと気付きました

一日中、泣いて過ごした日々があったり
お友達と会うことができなくなったりの日々を過ごして
普通に家事をすることができて、人と話ができることの幸せを感じたりして

つらかった時間もとても意味のあるものになったと今は思えます

そろそろ、りゅうの受験もカウントダウンとなってきました

今しかできないりゅうの記録も始めます

« 2009年4月 | トップページ | 2009年12月 »